Episodes

高田柊

EPISODE001

様々な何気無い「モノ」や当たり前だった「こと」がフリースタイルというキーワードで物凄い「モノ」や「こと」になっている! 今回は誰もが触れたことのあるヨーヨーだ! そのヨーヨーとの出会いによって人生が変わった人物がいる。 圧巻のヨーヨーパフォーマンスで世界にも熱烈なファンの多いヨーヨーパフォーマーの高田柊だ。 もともと人前に出るのが大の苦手だった高田だが、小学生の時に初めてヨーヨー大会で優勝した。 彼は「その時が人生のターニングポイントとなった」と語る。 それほどの歓声と拍手を浴びてしまったのだ。 この時に高田に芽生えた感動と喜びはその後の「人生の舵」を大きく動かす要因になった。 気がつけば世界大会である「World Yo-Yo Contest」で優勝。 若干16歳である。 そして3連覇を成し遂げる。 高田は気づいてしまったのである。 勝つためにはテクニックだけではダメ!人を楽しませること。 そして魅了させること!高田の感じたポイントは当たり前のようでいてとても難しい世界。 「誰もが慣れ親しんだヨーヨーだからこそパフォーマンスの難易度が理解してもらいやすく、そこに笑顔や動きが加わることで感動に変わる!」 これが、高田が出した「解」なのである。 しかしそれはあまりに難易度が高すぎる。 「考え」だけなら机上の空論である。 高田が圧巻のパフォーマンスと言われるのは、それらを実現化させるからである。 高田の凄さは動体視力・体幹力・平衡感覚など様々な要素のレベルが高いのだろうが、それ以上に「やる!」と決めたことを徹底的に極める「情熱」が圧巻のパフォーマンスにダイレクトに繋がっているように感じる! 前例のないアクロバットなヨーヨーパフォーマンスを編み出した高田は他のパフォーマーからの注目を一気に集めてしまった。 高田は今もなお、「自分にしかできない動き」を追求し続けている。 幼少期に一歩踏み出した彼が勇気をもらったように、「拍手」は今も彼にとってかけがえのないエネルギーとなっている。 それをくれたのは今となっては相棒である手のひらのヨーヨーだった。

 

高田柊 Read More

2018.10.19

RECOMMEND

Episodes

池田俊彦

EPISODE002

「人間より上位のモノとして不死を獲得した者たち」を描く銅版画家 池田俊彦。自ら創り出した「彼ら」は...

2018.05.30

Episodes

クド

EPISODE002

「小さい頃の夢は会社員でした…」「普通」を求めていた彼にYouTubeがくれたものは多くの心あるメッセー...

2017.01.06

Episodes

菜々香

EPISODE001

「a-nation」全会場でのオープニングアクトを飾るなど、多くの人々に熱狂を与えてきたダンスボーカルグ...

2017.09.20

Episodes

三遊亭歌太郎

EPISODE001

アニメ「昭和元禄落語心中」や漫画「じょしらく」の影響で落語が注目されているように感じる昨今、「落...

2018.07.27

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE001

「深く刺さる作品づくりをしよう!」モノ作りにおいて作り手は葛藤との戦い。商業的に創り上げていくの...

2017.11.08

Episodes

西脇友美

EPISODE001

甘い声色にどこか切なさを感じるThe nonnonは、一人だけの「バンド」なのだ。1ピースバンドとして「The ...

2018.02.16

Episodes

清水陽子

EPISODE002

幼少期から好きだった「自然」と「芸術」を見事にシンクロさせ、「現代アート」として打ち出す清水陽子...

2018.05.23

Episodes

うかちん

EPISODE001

「the ARROWS」のドラムス、「BOZE STYLE」のオリジナルメンバー「うかちん」どこかで一歩前に踏み出す...

2017.07.26

Episodes

HARUKA

EPISODE004

アートに向き合う多くの人々が集まる街、NY。もちろんアーティストHARUKAもそこにいる。人を魅了させる...

2018.02.23

Episodes

秋貞美際

EPISODE001

大手IT企業「サイバーエージェント」で秘書として働いていた秋貞美際。仕事柄お花の手配をしていく中で...

2018.06.06

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ