Episodes

高田柊

EPISODE001

様々な何気無い「モノ」や当たり前だった「こと」がフリースタイルというキーワードで物凄い「モノ」や「こと」になっている! 今回は誰もが触れたことのあるヨーヨーだ! そのヨーヨーとの出会いによって人生が変わった人物がいる。 圧巻のヨーヨーパフォーマンスで世界にも熱烈なファンの多いヨーヨーパフォーマーの高田柊だ。 もともと人前に出るのが大の苦手だった高田だが、小学生の時に初めてヨーヨー大会で優勝した。 彼は「その時が人生のターニングポイントとなった」と語る。 それほどの歓声と拍手を浴びてしまったのだ。 この時に高田に芽生えた感動と喜びはその後の「人生の舵」を大きく動かす要因になった。 気がつけば世界大会である「World Yo-Yo Contest」で優勝。 若干16歳である。 そして3連覇を成し遂げる。 高田は気づいてしまったのである。 勝つためにはテクニックだけではダメ!人を楽しませること。 そして魅了させること!高田の感じたポイントは当たり前のようでいてとても難しい世界。 「誰もが慣れ親しんだヨーヨーだからこそパフォーマンスの難易度が理解してもらいやすく、そこに笑顔や動きが加わることで感動に変わる!」 これが、高田が出した「解」なのである。 しかしそれはあまりに難易度が高すぎる。 「考え」だけなら机上の空論である。 高田が圧巻のパフォーマンスと言われるのは、それらを実現化させるからである。 高田の凄さは動体視力・体幹力・平衡感覚など様々な要素のレベルが高いのだろうが、それ以上に「やる!」と決めたことを徹底的に極める「情熱」が圧巻のパフォーマンスにダイレクトに繋がっているように感じる! 前例のないアクロバットなヨーヨーパフォーマンスを編み出した高田は他のパフォーマーからの注目を一気に集めてしまった。 高田は今もなお、「自分にしかできない動き」を追求し続けている。 幼少期に一歩踏み出した彼が勇気をもらったように、「拍手」は今も彼にとってかけがえのないエネルギーとなっている。 それをくれたのは今となっては相棒である手のひらのヨーヨーだった。

 

高田柊 Read More

2018.10.19

RECOMMEND

Episodes

菊野昌宏

EPISODE002

江戸時代に作られた「万年時計」をご存じだろうか。日本で創られた時計の中でも複雑な構造が組み合わさ...

2018.10.12

Episodes

南正彦

EPISODE001

鉛筆や木炭を使って「心象風景」を描く美術作家 南正彦。もともと学生時代は油絵を専攻し人物を描いてい...

2018.06.13

Episodes

福井利佐

EPISODE001

音楽、ファッション、映画、舞台そして伝統芸能など様々なジャンルで「切り絵」を表現手法として、日本...

2017.06.12

Episodes

島口哲朗

EPISODE003

世界を股に掛け、独自にゼロから生み出したサムライメソッド『剱伎道』を背負うサムライアーティスト島...

2018.11.16

Episodes

森山亜希

EPISODE001

人形を使った人間劇をテーマに描く画家、森山亜希。モチーフとして描いているのは誰もが知っている「リ...

2018.04.13

Episodes

みっちー

EPISODE001

耳に優しく馴染む心地良いメロディーと茶目っ気たっぷりな世界観、着実にファンを増やしているロックバ...

2019.05.17

Episodes

HR-FM

EPISODE001

「アーティスト」を志している多くの人が、その先への道のりに悩んでいるだろう。そんな状況を、もちろ...

2018.03.02

Episodes

さとうたけし

EPISODE003

ペイントアーティストとして活躍する さとうたけし。ミューラルアーティスト(壁画作家)に魅せられ会社...

2018.08.01

Episodes

小玉絵里加

EPISODE002

オートバイレースの中でも、最もバランス感覚を問われるレース「トライアル」二輪としての走行はもちろ...

2019.01.11

Episodes

クド

EPISODE001

人見知りだった青年が、今や世界中の人々に語りかける大人気YouTuberに。自身の料理チャンネル「K’s kit...

2016.12.22

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ