Episodes

BUG!?

EPISODE002

BUG!?がフリースタイルバスケットボールに出会うきっかけとなったのは何気なく通りかかった公園だった。音楽に合わせて楽し気にストリートバスケットボールをしていた集団に惹かれ、好奇心のままその集団に溶け込んでいった。そこで見せてもらった1本の映像。内容はカナダのストリートボールが映し出されていたDVD。その映像から彼の何かが目を覚ましたと言っても過言ではない。世界のフリースタイラーがまさに今!BUG!?を称賛している「事実」が全てを物語っている。まさに「何気なく通りかかった」あの瞬間が彼をBUG!?として誕生させ、そしてこの瞬間も進化し続けている。フリースタイルバスケットボールには2つのスタイルがある。「バトル」と「パフォーマンス」だ。そこへの向き合い方にも彼なりのルールがある。バトルはその名の通り「闘い」であり、パフォーマンスは「楽しませる」もの。その姿勢の違いが彼のパフォーマンスにもはっきりと表れているように感じる。技を習得した次のステージはBUG!?というキャラクターの在り方だった。ピエロのお面はすでにBUG!?と同化し、そのドライブ感溢れる動きと自由自在にボールを操る卓越したテクニックに彼はさらにその先を求めた。キャラクター性を打ち出した「表現」である。彼は「チャップリン」や「Mr.ビーン」の動きを融合させBUG!?というキャラクターの価値そのものを高めた。自分の理想。それは誰もが考えることだろうが、具現化することを追究する人と怠る人、もしくは夢という言葉で別次元に追いやってしまう人がいる。もちろんBUG!?は確実に前者の「追究する人」だ。しかもそのことを楽しんでいる。フリースタイラーが増えている中でBUG!?が常に彼らを牽引できているのは「見せること」ではなく「魅せること」を彼のDNAが理解しているからだと感じる。さらに1番凄いことは絶対的に仲間を信じ、そして敬愛すること。しかもそのことを本人以上に周囲が知っていることだ!

 

BUG!? Read More

2018.06.15

RECOMMEND

Episodes

神田雄一朗

EPISODE002

「俺の人生 = 鶴」と言い切る3Pバンド「鶴」のベーシストである神田雄一朗は、メンバーとの関係性を「...

2018.11.02

Episodes

クド

EPISODE002

「小さい頃の夢は会社員でした…」「普通」を求めていた彼にYouTubeがくれたものは多くの心あるメッセー...

2017.01.06

Episodes

岩佐麻里子

EPISODE002

「やってみなきゃ分からない!」フィジカルコメディアン岩佐麻里子にとってこの言葉は自分を前進させる...

2018.05.25

Episodes

うかちん

EPISODE001

「the ARROWS」のドラムス、「BOZE STYLE」のオリジナルメンバー「うかちん」どこかで一歩前に踏み出す...

2017.07.26

Episodes

松上一平

EPISODE001

3年に一度開催されるヴァイオリン製作最難関コンクール「クレモナ国際ヴァイオリン製作コンクール(トリ...

2017.08.04

Episodes

松島純

EPISODE002

アトリエで絵画を描く中、画家 松島純はなぜロシア芸術に魅了されていくのかがわかる表現を口にした。「...

2018.05.02

Episodes

木全靖陛

EPISODE001

龍が迫ってくる! 思わずのけぞりそうになるほど生きた龍を描く画家 木全靖陛。 もともとポップアートを...

2018.12.14

Episodes

土田圭介

EPISODE002

本来デッサンは「面」に合わせて線を描くが、たまたま本来と違う「縦」で線を描いた。その瞬間こそが、...

2018.07.06

Episodes

水野智路

EPISODE001

親子三代に渡って「練り込み陶芸」を伝え続ける陶芸作家水野智路。「金太郎飴」の技法で作る練り込み陶...

2017.11.15

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE001

「深く刺さる作品づくりをしよう!」モノ作りにおいて作り手は葛藤との戦い。商業的に創り上げていくの...

2017.11.08

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ