Paper Cutout Artist – 福井利佐

「切り絵」と聞いて誰もがイメージするのはどんな作品だろうか?福井利佐の創造する切り絵作品を目の当たりにした瞬間、誰もがイメージとは違った世界に引き込まれるはずだ。多摩美術大学でグラフィックデザインを専攻していた彼女が生み出した独特な切り絵の世界。そのルーツはなんと中学校の週11時間の「切り絵クラブ」。彼女ならではの独自アートを生み出す要素には、この「切り絵クラブ」での体験があった。さらに重要な要素として「時間」である。時間との向き合い方は現在の作品作りに於いてとても重要であり、常に「締め切り」との戦いである作品作りは決して妥協できないクオリティを創出するためにも絶対にクリアしなければならないのだ。彼女の作品を前にすると、今にも動きそうな迫力に圧倒され、繊細な「線」が何本も重なるその作品は立体的で、まるでそのモチーフから放たれる生命を感じさせる音が聞こえて来るようだ。日本、そして世界へと活動の場を広げていく彼女の作品は、見る人のイマジネーションを湧き立たせる。それでいて、とてもフレンドリーな彼女のキャラクターは個展に訪れる人々との距離を縮めてくれる。

福井利佐 EPISODE001
ARTIST

音楽、ファッション、映画、舞台そして伝統芸能など様々なジャンルで「切り絵」を表現手法として、日本はもちろんニューヨーク、ロンドン、オーストリアと活動を広げていくアーティスト「福井利佐」。彼女の創造する作品は、まさに「動き出すのでは!?」と感じるほど躍動的で魂が宿っている。それは彼女自身が考える「オリジナリティ」に対して、突き詰めた結果であった。楽しい思い出の「切り絵」は一つ一つ彼女に「賞」を与え、自身の作品によって自信を見出された。その後、切り絵作家として意識し始めた頃から作風に対してのこだわりを打ち出し、その結果彼女の作品は独自の制作技法を編み出し、人々を魅了した。そんな彼女がなぜ「切り絵」を表現手法に選び、そしてどのようにしてこのような作品が生まれてきたのか!?福井利佐のモノ作りをする上での独特なこだわりや着眼点を語るエピソード。

EPISODE

ARTIST NEXSTARs

サガキケイタ
ARTIST
福井利佐
ARTIST
鈴木ありさ
ARTIST
HARUKA
ARTIST
SHOGEN
ARTIST