Episodes

増田敏也

EPISODE002

世界各国でその国の文化を象徴する一つとして紹介される陶芸。古いものでは2万年前の陶器片が発見されているが、陶芸からはその国の生活習慣や暮らしを見ることができるという。日本でももちろん歴史のある陶芸であるが、まさにその陶芸で時代を描く造形作家が増田敏也だ。昨今、世界から見る日本のイメージも変わってきていると考える増田は「ファミコン」など日本が生み出したドットによるエンターテインメントを、そのまま陶芸という手法で表現してくるのだ。そんな増田は「和」だけにとどまるのではなく、増田のコンセプトでもあるドット絵の立体化は世界規模で考えても身近に感じる作品だ。美術大学に通っていた増田は卒業後もスタッフとして大学で働く傍ら作品制作に没頭した。それは学生時代には授業の一環としてしか見られなかった創作活動が一気に自由になった瞬間だった。「自分の色はなんだろう?」今まで成績のために作品を作ってきた増田はそこで初めて自分自身と向き合ったのだ。そうしてできた初期の作品はワイヤーフレームを使った陶芸。その作品はコンペで見事入賞したのである!それは増田にとって、一つの大きな出来事となった。自分と向き合って作ったものが認められた瞬間でもあったのだ。小さな自信を拡げて今の作品にたどり着いた増田敏也。陶芸は一度作ると土に還ることはない。ずっと残る作品だからこそ作る意味とその責任をもって創作活動をしなければならないと語る増田。美術大学では学べなかった、とてつもなく大きな使命感に出会い、背中を押されたのかもしれない。増田の作品に魅せられた人々は彼の作品を通して、多くの想い出に触れられるだろう。またそんな人々の想いを感じながら「増田敏也」が造形作家として挑む意味を深く感じているようだ。増田の挑戦は世界への「日本発信」になっているのは間違いないようだ。

 

増田敏也 Read More

2018.08.15

RECOMMEND

Episodes

小玉絵里加

EPISODE002

オートバイレースの中でも、最もバランス感覚を問われるレース「トライアル」二輪としての走行はもちろ...

2019.01.11

Episodes

サガキケイタ

EPISODE001

古典美術に於ける絵画や彫刻を模写するアーティストは多けれど、それらをモチーフに無数のキャラクター...

2017.07.21

Episodes

たむらあやこ

EPISODE002

末梢神経系の障害による「ギラン・バレー症候群」。そんな難病を背負いながら人に笑いと勇気を与え続け...

2018.07.18

Episodes

石田太志

EPISODE004

2018年、フットバッグ世界大会でアジア人初の世界一位に輝き、殿堂入りも果たした石田太志。 世界で唯一...

2019.01.25

Episodes

榎木智一

EPISODE001

LEDを使った光の演出で、「和」と「ダンス」を融合させたパフォーマンス集団「TOKYO SABERZ」。旗揚げか...

2018.07.11

Episodes

金巻芳俊

EPISODE002

木彫作家の金巻芳俊が初めて受賞したのは二科展だった。 大学時代の同期がどんどん活躍していく中、「な...

2019.04.19

Episodes

安川有果

EPISODE001

誰もが芸術には触れたがるが、具体的な作品として「具現化」させられる人は一握りである。「映画」とい...

2017.11.17

Episodes

塩入冬湖

EPISODE002

自分が「かっこいい!」と思える瞬間が欲しかったと語る塩入冬湖が描いたものは、音楽をする「自分」そ...

2017.09.15

Episodes

小玉絵里加

EPISODE001

岩場や急斜面の山地など明らかに道でない道をバイクで走り抜けるレースがある。トライアルだ。 そんなト...

2017.03.10

Episodes

藤川英樹

EPISODE002

藤川英樹のルーツはいつだって「人との出会い」から始まる。ボランティアハウスで出会った一人の「重度...

2017.03.24

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ