Episodes

石田太志

EPISODE004

2018年、フットバッグ世界大会でアジア人初の世界一位に輝き、殿堂入りも果たした石田太志。 世界で唯一プロとして活動している石田にとって何よりも掴みたかったタイトルでもあり、諦めずに続けてきた「証」でもある。 石田が掴んだタイトルを得るためには大会に設けられた4種目すべてで好成績残さなければならない。 その上で「総合優勝」への道が拓けるわけだ。 石田が掴んだ「世界一位」とはまさにこの「総合優勝」である。 さらに嬉しいことにフットバッグプレイヤー誰もが夢憧れる「殿堂入り」を果たしたわけだが、「BAPネーム(Big Add Posse)」という愛称が与えられる。 石田が与えられたBAPネームは、石田のパフォーマンススタイルを称えて「SHURIKEN」! これには石田も感激だった。 2014年に1位を獲得してからの4年間は思う通りの結果を残せず苦しい思いもあった。 しかし、日本人唯一のプロとして第一線を走り続ける石田にとって、日々訓練の積み重ねが優勝への道を繋いでいくことを誰よりもわかっていたのだ。 続けることで得る「自信」は何物にも代えられない自分だけの財産となる。 諦めずに自分を信じ、続ける者だけが得られる頂点を石田大志は確実に掴みとったのだ。 もちろんここまで支えてきてくれた家族への想いは一言では表せられない。夢を描いても現実論を唱え、諦めてしまう人々がほとんどだ。 その中で夢を具現化し、成立させている人物は本当に一握りだ。 石田はまさにその中へ飛び込み、掴んだ。 ここからさらに石田が打ち出していくべき「結果」はフットバッグの活性だ。 自分に夢を与え、人々に勇気をくれたフットバッグそのものに石田なりの恩返しが始まっていくのだろう。 是非見守っていきたいものだ!

 

石田太志 Read More

2019.01.25

RECOMMEND

Episodes

有田あん

EPISODE001

役者有田あん。幼き頃にたまたま触れた「お芝居」がきっかけで、役者を目指すことに。奇想天外でエンタ...

2016.12.22

Episodes

丸尾結子

EPISODE001

「すべてのモノは必要である」そう語るのは、造形作家の丸尾結子。石粉粘土を使った作品づくりを主に活...

2017.12.22

Episodes

HARUKA

EPISODE003

「ありがとうを伝えたい」そう優しく語るのはアーティスト「HARUKA」。HARUKAにとって「ART=遊び」、か...

2018.02.16

Episodes

秋山実

EPISODE002

6年間の修行で盆栽を学び、内閣総理大臣賞を始め多くの受賞経験のある秋山実は、各国へ「Japanese Bonsa...

2018.01.12

Episodes

森本麻里子

EPISODE002

陸上競技三段跳び選手 森本麻里子のエネルギーは周囲の人々からの支え。人の愛情を自分へのパワーに変え...

2018.09.28

Episodes

小玉絵里加

EPISODE001

岩場や急斜面の山地など明らかに道でない道をバイクで走り抜けるレースがある。トライアルだ。 そんなト...

2017.03.10

Episodes

松島純

EPISODE002

アトリエで絵画を描く中、画家 松島純はなぜロシア芸術に魅了されていくのかがわかる表現を口にした。「...

2018.05.02

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE002

「大人の小劇場」をコンセプトに社会派テーマをリアリズムで描くシアターカンパニーJACROW代表中村ノブ...

2017.12.29

Episodes

福井利佐

EPISODE001

音楽、ファッション、映画、舞台そして伝統芸能など様々なジャンルで「切り絵」を表現手法として、日本...

2017.06.12

Episodes

北田雄夫

EPISODE002

世界7大陸を過酷な状況下で走り抜けるアドベンチャーマラソン。その全てのレースを制覇した唯一の日本人...

2018.01.10

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ