Episodes

GONZO

EPISODE002

お笑い芸人を養成する「NSC」に通っていたGONZO。その当時は人と話すのが苦手でリハビリのような感覚で入所したという。ある種「ショック療法」のようにGONZOが人前に出ることを始めた理由は 漫才師 故・横山やすしへの憧れだった。人前で話すことが苦手だった彼にとって、ステージで自分を堂々と表現している人が輝いて見えていた。しかし現実は非常に厳しかった。お笑いの世界に飛び込んだものの仕事も無く、むしろその現実の方がショックだったのではと思えるかのように、あまり稼ぎが無かったという。六本木のパブでバイトしながら「どうにかお客さんを楽しませたいなぁ」と感じていた目の前にあったのは、お客さんのカラオケを盛り上げるように用意されていたタンバリンぐらい。気が付けば毎日それを叩いているだけ。そのタンバリンが「幸せを運ぶタンバリン」だとはその時は知る由もなかった。実直なGONZOはその2年後にとんでもない「技」を習得してしまう。もちろんそれらの習得は決して簡単なものではなかったのは事実。魅せられたタンバリンによって見せるタンバリンを生み出し、それはGONZOのパフォーマンスセンスの目覚めと同時に魅せるタンバリンへと移り変わっていった。まさにタンバリンとともに歩んできたようなものだ。互いのポジションは何処となく似ている。そんな二人(一人と一つ)がまるでエンターテインメントの世界にタッグを組んだようにも映る!今となっては良い相棒なのだ。ニューヨーク タイムズスクエアでチャンスを掴んだGONZOにタンバリンマスターの称号を与えられたことは今までのGONZOの生活をガラリと変えさせた。「幸せを運ぶタンバリン」はこれから「幸せを運ぶGONZO」として人々へ愛されていくのだろうと感じる。目標の「形」とは少々異なっただろうが、天国の横山やすしも喜んでいると思う。ここから世界を意識し始めたGONZOの快進撃はとても楽しみだ!何を目指しても辞めずに進み続けたら何かを掴める、それをGONZOは教えてくれた。

 

GONZO Read More

2018.09.14

RECOMMEND

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE002

「大人の小劇場」をコンセプトに社会派テーマをリアリズムで描くシアターカンパニーJACROW代表中村ノブ...

2017.12.29

Episodes

下川正將

EPISODE001

カバディというスポーツをご存知だろうか。マイナースポーツと謳われているこのカバディは、繊細な頭脳...

2018.01.27

Episodes

HR-FM

EPISODE002

現在海外で画家・アーティストとして活躍しているHR-FM。彼が絵を始めたきっかけは小学校3年生の転校が...

2018.03.20

Episodes

内田慎之介

EPISODE002

多くのライブペインターが存在する中、「マンガ」そのものをライブペイントで創り出すマンガライブペイ...

2018.09.21

Episodes

SNARE COVER

EPISODE002

「天使の歌声」と称され、ドイツの異国で「ベストシンガー賞」を受賞するまでになったSNARE COVER。今回...

2017.12.06

Episodes

コシミズカヨ

EPISODE002

90年代、女性Voバンドとしてミュージックシーンを牽引したロックバンド「JUDY AND MARY」。この時「バン...

2018.03.30

Episodes

小玉絵里加

EPISODE002

オートバイレースの中でも、最もバランス感覚を問われるレース「トライアル」二輪としての走行はもちろ...

2019.01.11

Episodes

木全靖陛

EPISODE002

20歳頃からアーティスト活動を始めた木全靖陛。いつの日からか海外での活動を視野に入れていた木全は、...

2018.12.28

Episodes

福井利佐

EPISODE003

切り絵アーティスト 福井利佐にとっての「作品の精密さ」は観る人の心を圧倒させる。その精密さは昆虫学...

2020.01.10

Episodes

ミヤザキケンスケ

EPISODE001

アーティスト ミヤザキケンスケ。 壁画に絵を描き作品を作っている「壁画アーティスト」と見られるが、...

2019.01.18

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ