Episodes

藤川英樹

EPISODE003

「人と人の出会いが人生を豊かにする」その理念を独自の解釈で表現し、「接客」「お客様」という少しかしこまった考えを取り除きながらフレンドリーな関係でお出迎えしてくれる美容室「Broccoli playhair」。 自らスタイリストとしてお店に立つ経営者 藤川英樹という「ひととなり」は、とてもフランクでその人柄に引き込まれてしまう。 藤川の想いに共感した人々がこぞってお店のリピーターになっていく。 それもそのはず、藤川の人物感がまるで飛び出してきたかのような店内は誰もが驚き、そして楽しめ、笑顔でお店を後にする。 帰り際はまさに「友達」になっているのだ。 とても素敵な関係を創造する美容室である。 しかしそんな中、藤川は経営者として大きな壁にぶち当たっていた。 「みんなと共に歩んでいきたい」と想う傍ら、「経営者」という視点で従業員が今以上に働きやすい環境をどのように作り出していくか? 今までどこかで「流れ」に乗ってここまで来てしまった部分も大いに感じている藤川にとって、改めて経営者としてお店をどう育てていくか? それは当然従業員の職場環境にも直結してくる。 様々な視点で次なる一歩を模索していた藤川は持ち前のプラス思考や行動力を活かし、従業員が日々どのような問題を抱えていて、さらにはどんな思いで職場と向き合っているかを知るべく「ブログ強制制度」や、1か月お店を休みにして自分と向き合える環境を作り出す「C&E制度」を決行した! これらの効果は歴然と現れ、従業員が自分の中だけで思い悩んでいたことなどがどんどんアウトプットされ、みんなで共有し解決に導かれていった。 それらは新たなサービスを生み出すきっかけにもなり、それぞれが自発的に発想を具現化する原動力にもなっていった。 人を育てていくことは店そのものを育て、さらには自らを育てることに気づいた藤川は形にとらわれず、本質と向き合う経営者として従業員の心をしっかり掴んだようだ。 これからの「チームとしてのBroccoli」が強くなる道を藤川はさらに探し続けるのだと感じた。

 

藤川英樹 Read More

2019.03.15

RECOMMEND

Episodes

小玉絵里加

EPISODE001

岩場や急斜面の山地など明らかに道でない道をバイクで走り抜けるレースがある。トライアルだ。 そんなト...

2017.03.10

Episodes

鈴木ありさ

EPISODE001

アメリカの料理大学CIA“Culinary Institute of America”でケーキデザインを学び、帰国後スペシャルティ...

2017.06.02

Episodes

下川正將

EPISODE001

カバディというスポーツをご存知だろうか。マイナースポーツと謳われているこのカバディは、繊細な頭脳...

2018.01.27

Episodes

鬼原美希

EPISODE001

まるで筆で描いたかのようなきめ細かい織物をつくる織物アーティスト鬼原美希。彼女の作品は日常の何気...

2018.03.07

Episodes

kisato

EPISODE001

何気ない日常の中でふと目に止まったもの、それがサンドアートだった。そうして初めてサンドアート...

2017.02.10

Episodes

柴野大造

EPISODE003

1967年からイタリアで開催されている伝統的なジェラートの祭典「Sherbeth Festival 2017」で世界チャン...

2019.02.22

Episodes

塩入冬湖

EPISODE001

「ギターリフだって口で歌えるぐらいキャッチーでなければ意味をなさない。」どんなフレーズであろうと...

2017.09.08

Episodes

さとうたけし

EPISODE002

ロサンゼルスの街並みにそびえ建つ、壁に描かれたとてつもなく大きな絵。それは一見「宣伝」ではあるも...

2018.04.11

Episodes

秋山実

EPISODE001

20代に史上最年少で盆栽界の最高峰の賞「内閣総理大臣賞」を受賞。まさに様々な部門の頂点である。ここ...

2017.12.15

Episodes

森本麻里子

EPISODE001

「目標を達成するのが楽しい!」と語るのは陸上競技 三段跳びの選手でありボブスレーの日本代表でもある...

2018.09.14

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ