Episodes

藤川英樹

EPISODE003

「人と人の出会いが人生を豊かにする」その理念を独自の解釈で表現し、「接客」「お客様」という少しかしこまった考えを取り除きながらフレンドリーな関係でお出迎えしてくれる美容室「Broccoli playhair」。 自らスタイリストとしてお店に立つ経営者 藤川英樹という「ひととなり」は、とてもフランクでその人柄に引き込まれてしまう。 藤川の想いに共感した人々がこぞってお店のリピーターになっていく。 それもそのはず、藤川の人物感がまるで飛び出してきたかのような店内は誰もが驚き、そして楽しめ、笑顔でお店を後にする。 帰り際はまさに「友達」になっているのだ。 とても素敵な関係を創造する美容室である。 しかしそんな中、藤川は経営者として大きな壁にぶち当たっていた。 「みんなと共に歩んでいきたい」と想う傍ら、「経営者」という視点で従業員が今以上に働きやすい環境をどのように作り出していくか? 今までどこかで「流れ」に乗ってここまで来てしまった部分も大いに感じている藤川にとって、改めて経営者としてお店をどう育てていくか? それは当然従業員の職場環境にも直結してくる。 様々な視点で次なる一歩を模索していた藤川は持ち前のプラス思考や行動力を活かし、従業員が日々どのような問題を抱えていて、さらにはどんな思いで職場と向き合っているかを知るべく「ブログ強制制度」や、1か月お店を休みにして自分と向き合える環境を作り出す「C&E制度」を決行した! これらの効果は歴然と現れ、従業員が自分の中だけで思い悩んでいたことなどがどんどんアウトプットされ、みんなで共有し解決に導かれていった。 それらは新たなサービスを生み出すきっかけにもなり、それぞれが自発的に発想を具現化する原動力にもなっていった。 人を育てていくことは店そのものを育て、さらには自らを育てることに気づいた藤川は形にとらわれず、本質と向き合う経営者として従業員の心をしっかり掴んだようだ。 これからの「チームとしてのBroccoli」が強くなる道を藤川はさらに探し続けるのだと感じた。

 

藤川英樹 Read More

2019.03.15

RECOMMEND

Episodes

水野智路

EPISODE002

モノづくりが好きで、幼少期は廃材などでいろんなものを作っていた水野智路。そんな幼少期の水野に父親...

2017.12.01

Episodes

西脇友美

EPISODE002

音楽を「演る」ということ。「作る」ということ。そして「創る」ということが見えてきた「The nonnon」...

2018.02.23

Episodes

石田太志

EPISODE003

掴むためには弱点を潰す!石田太志の「勝利の方程式」は、とても簡単な発想であり、とても難しい行動。...

2017.06.07

Episodes

狩野和馬

EPISODE001

「第三舞台」の作品に感動し、まるで後押しされたかのように打ち込み始めた役者道は、その後サザンシア...

2017.05.12

Episodes

さとうたけし

EPISODE001

「ペイントローラー」なら早く描ける!さとうたけしがそれに気付いたのは時間内に描き切れなかった「バ...

2018.04.04

Episodes

藤川英樹

EPISODE001

美容師としての自分探しに向かった先はオーストラリア。現地でのバイトとして出会った真珠の養殖業と、...

2017.03.24

Episodes

謳歌

EPISODE001

何の変哲もないリング。各国の様々なステージで、そんなリングをまるで生き物のように、何とも不思議な...

2018.06.01

Episodes

亀山睦実

EPISODE001

映画監督にも様々なタイプがいる。映画監督太田隆文氏がブログで「作家タイプ」「職人タイプ」「ディレ...

2017.10.13

Episodes

HARUKA

EPISODE001

独特の世界観を広げ続けるArtist HARUKA。その世界観はどのように生まれて行ったのか。Artに表出する彼...

2016.08.23

Episodes

Luise Ono

EPISODE001

植物や生き物たちをモチーフに自然の溢れるエネルギーを描くミューラリストLuise Ono!彼女が初めて壁画...

2018.10.05

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ