Episodes

内田慎之介

EPISODE002

多くのライブペインターが存在する中、「マンガ」そのものをライブペイントで創り出すマンガライブペインター内田慎之介は、ついに勤め先の会社を退社しプロフェッショナルとしての一歩を踏み出した。内田慎之介が描くその作品は誰もがわかるやすく、そして誰もがチャレンジしていない「未開の地」である。だからこそ、観る人の多くが初めての体験であり、通行中でも足を止めてしまう。この作品を「ジャンル化」してしまう勢いの内田慎之介に多くのアーティストたちが注目している。今回のインタビュー動画ではまさに企業で社員をしながら活動していた時期と、パフォーマー一本で活動し始めたまさに「内田慎之介的ビフォーアフター」なインタビューとなった。そんな活動的内田慎之介に舞い込んできたのはロシアへの作品出展。そこで内田慎之介が目の当たりにしたのは日本のアニメやマンガへの熱狂的なファンたちだった。この時世界の距離が一気に縮まったようだ。一つ一つの出来事が、会社勤めの頃とは大きく違うのを感じつつも、その頃の経験が今に大きく生かされている事にも気づいている内田慎之介は、今まさに「創作で解放」を感じている。また以前よりもパフォーマンスに於ける「克服すべき課題」なども以前よりもさらに明確であった。「見せる」ことにより「魅せる」という意識が根付いてきている。当然セルフマネージメントも重要になってくる。全てを1人でこなす内田慎之介だからこそ、どう見せるか、そしてどのように展開させて行くか?!をより一層考えるようになっていた。プロフェッショナルとしての扉を開けてしまったのだと、内田慎之介から出てくる「言葉」にそれらを感じつつ、エピソード1の動画を改めて見てしまった。今の内田慎之介は明らかに以前の内田慎之介ではなかった。経験、技術、感性、それらを融合したパフォーマンスを限られた制限のなかでいかに演じ切るか、「好き」だけでは続けられない領域に直面している今がまさに正念場でもあるが、「そこ」に立てた事に感動しているようにも思えた。その先の内田慎之介は自身のパフォーマンスの中で見えてくるだろう。

 

内田慎之介 Read More

2018.09.21

RECOMMEND

Episodes

水谷禎志

EPISODE001

「FINLANDS」「Ao」「SNARE COVER」など次世代ミュージックシーンを牽引する実力アーティストで構成され...

2017.09.22

Episodes

北田雄夫

EPISODE001

世界一過酷なスポーツ「アドベンチャーマラソン」を選んだ北田雄夫。初めてのレースは7日間250kmの砂漠...

2017.03.03

Episodes

石野平四郎

EPISODE001

美術家であり彫刻家の石野平四郎。この切り分けられた肩書きは石野にとってとても重要な要素である。石...

2018.02.07

Episodes

みっちー

EPISODE002

物心がついたころから「人前で何かを喋る」ことが好きで、とにかく目立ちたがり屋の子供だった。いまや...

2019.06.14

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE001

「深く刺さる作品づくりをしよう!」モノ作りにおいて作り手は葛藤との戦い。商業的に創り上げていくの...

2017.11.08

Episodes

笠井“どん”快樹

EPISODE002

人気バンド「鶴」のドラムを務める笠井“どん”快樹を語るに於いて、とても重要なエピソードがある。それ...

2018.08.29

Episodes

たむらあやこ

EPISODE001

「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!」という闘病漫画がある。内容とは裏腹に笑いと涙が交差する。そ...

2018.07.04

Episodes

小泉智博

EPISODE001

単身渡米の先に見つけた「Elephant Ear」という揚げパンに魅了された小泉智博。帰国後、徹底的に素材に...

2017.01.27

Episodes

秋野温

EPISODE002

「みんなが楽しくなきゃ意味がない!」そう言いながらバンド「鶴」の楽曲制作を担当するのはギターボー...

2018.08.24

Episodes

松上一平

EPISODE001

3年に一度開催されるヴァイオリン製作最難関コンクール「クレモナ国際ヴァイオリン製作コンクール(トリ...

2017.08.04

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ