Episodes

土田圭介

EPISODE002

本来デッサンは「面」に合わせて線を描くが、たまたま本来と違う「縦」で線を描いた。その瞬間こそが、鉛筆画家 土田圭介が目覚める瞬間でもあった。高校卒業間際に「絵が好きだから」という安易な思いつきで美術大学を受験するも、しっかり準備のできていない状況での結果は、想像通り進学できず会社勤めを選択する。しかし、絵を描きたい!という気持ちは高まるばかり。その後再チャレンジし、京都造形芸術大学に見事合格。しかし周囲の学生のレベルは非常に高く、「自分らしさ」を模索するも、そう簡単には狙って出てくるものでも無かった。社会人経験の間に忘れてしまっていた描くための手法など様々な不利な要素も抱えていたが、その忘れてしまった手法の代わりに、偶然出てきた描き方が今の土田作品の主軸にある「縦の線」であった。会社勤めの期間は土田にとっては遠回りでもなんでもなく、むしろ今の「鉛筆画家 土田圭介」となるべきプロセスの一環とも感じ取れる大切な「時間」だったのかもしれない。土田は「縦の線」を磨き上げ、武器に仕立て上げた。その線は様々な表情を映し出し、さらに幼少期から好きだった作画のエッセンスを取り込み、そこに想像力を加えて独自のファンタジーな世界観を創造した。それらは瞬く間に多くの人々を魅了させた。まさに土田にしか描くことができない要素で「鉛筆画家 土田圭介」を見事に誕生させたのだ。土田に最も影響を及ぼした鉛筆画家がいる。木下晋さんである。ハンセン病回復者の詩人である桜井哲夫氏の肖像画でご存知の方もいると思うが、木下氏の作品を前に、土田は込み上げてくる感情を抑えきれず涙を流した。この時、土田は作品に「説明というものはいらない」ということを改めて実感し、本物へのこだわりを意識し始めた。モノクロームで創り出される土田の鉛筆画に心をゆだねて是非観てみてほしい。エネルギーをもって創られた「本物」は人の心を明るく照らし、新たな希望の光が色をつけ出す。

 

土田圭介 Read More

2018.07.06

RECOMMEND

Episodes

森本麻里子

EPISODE001

「目標を達成するのが楽しい!」と語るのは陸上競技 三段跳びの選手でありボブスレーの日本代表でもある...

2018.09.14

Episodes

金巻芳俊

EPISODE002

木彫作家の金巻芳俊が初めて受賞したのは二科展だった。 大学時代の同期がどんどん活躍していく中、「な...

2019.04.19

Episodes

黄帝心仙人

EPISODE001

「身体が不自由でもできる!」誰かの希望になれるかもと思いながらも、ガムシャラにトレーニングしてい...

2018.05.11

Episodes

南正彦

EPISODE002

「自分が何になれるのか」「どんなことが作れるのか」好奇心旺盛で自分探しに夢中になっていた幼少期を...

2018.06.27

Episodes

鬼原美希

EPISODE001

まるで筆で描いたかのようなきめ細かい織物をつくる織物アーティスト鬼原美希。彼女の作品は日常の何気...

2018.03.07

Episodes

SNARE COVER

EPISODE002

「天使の歌声」と称され、ドイツの異国で「ベストシンガー賞」を受賞するまでになったSNARE COVER。今回...

2017.12.06

Episodes

鈴木ありさ

EPISODE001

アメリカの料理大学CIA“Culinary Institute of America”でケーキデザインを学び、帰国後スペシャルティ...

2017.06.02

Episodes

神田雄一朗

EPISODE002

「俺の人生 = 鶴」と言い切る3Pバンド「鶴」のベーシストである神田雄一朗は、メンバーとの関係性を「...

2018.11.02

Episodes

中川龍太郎

EPISODE002

どこかで微かに映し出される「小さい頃の記憶」を散りばめる彼の作品は自身の想い出や風景、色や風の匂...

2017.04.01

Episodes

さとうたけし

EPISODE002

ロサンゼルスの街並みにそびえ建つ、壁に描かれたとてつもなく大きな絵。それは一見「宣伝」ではあるも...

2018.04.11

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ