Episodes

森田和人

EPISODE001

ロックバンド「鶴」の敏腕マネージャー森田和人。老舗ライブハウス「新宿JAM」でバイトをしながらバンドマンを目指し、働き始めたバイトも気が付いたら8年、気がつけば立派に店長になっていた。憧れの音楽漬けの日々であったが、メンバーも揃っておらず、バンド活動は進んでいなかった。しかしこの環境は森田のある力を増幅させていた。それは「アーティストの目利き」である。「新宿JAM」は単に老舗という肩書きだけではなく、ある種の登竜門でもあった。こぞって全国からデモ音源を持ち込まれ、腕試しをする箱(ライブハウス)だ。それは昔も今も変わっていない。どれだけのメジャーアーティストがここのステージに立ったことか!つまりだ、森田はそんな聖地で多くのチャレンジャーであるバンドマン達をその耳で目利きして来たわけだ。そんな森田の耳を通して瞑っているまぶたを開けさせたのがロックバンド「鶴」であり、ギターボーカル秋野温の歌声だった。彼らの音源を聴いてすぐに惹きつけられた森田は設立したてのレーベル「JAM orchestra records」の第一弾アーティストとして彼らを起用し共に動き出した!お互い手探りながらも、ツアーとして全国のライブハウスにコンタクトを取り始めた。もちろんそれらすべてのライブハウス一つ一つにコンタクトをしたのは森田である。そうやって少しずつ「鶴」との活動を続けながらも着実にファンを増やし、念願であった大手レコードレーベルでのメジャーデビューを成し遂げたのだ。大手資本による様々な経験を積み、自分たちの目指すべき「音」を見つけた森田率いる「鶴」はついに独自レーベル「Soul Mate Record」を設立し、今では複数のレーベルアーティストまでもが在籍するようになった。ミュージシャンにとって夢のようなシンデレラストーリーだが、それを成し遂げることがどれだけ大変なことかも当人達は重々理解しいていた。しかし顔に一切出さない彼らを尊敬するし、その兄貴である森田の手腕の賜物である。彼らのイタズラのような企画はさらにパワーアップし、みんなを笑顔にしていくであろう。

 

森田和人 Read More

2018.11.09

RECOMMEND

Episodes

岩佐麻里子

EPISODE001

2018年公開のゴールデングローブ賞受賞作品「グレイテスト・ショーマン」。この作品の題材となった実話...

2018.04.25

Episodes

丸尾結子

EPISODE001

「すべてのモノは必要である」そう語るのは、造形作家の丸尾結子。石粉粘土を使った作品づくりを主に活...

2017.12.22

Episodes

HARUKA

EPISODE004

アートに向き合う多くの人々が集まる街、NY。もちろんアーティストHARUKAもそこにいる。人を魅了させる...

2018.02.23

Episodes

中川龍太郎

EPISODE002

どこかで微かに映し出される「小さい頃の記憶」を散りばめる彼の作品は自身の想い出や風景、色や風の匂...

2017.04.01

Episodes

池田俊彦

EPISODE001

究極の黒の世界、そこに描かれるのは死を拒絶した不死者たち。老い続けながらも不死を獲得した者たちの...

2018.05.16

Episodes

森本麻里子

EPISODE002

陸上競技三段跳び選手 森本麻里子のエネルギーは周囲の人々からの支え。人の愛情を自分へのパワーに変え...

2018.09.28

Episodes

BUG!?

EPISODE002

BUG!?がフリースタイルバスケットボールに出会うきっかけとなったのは何気なく通りかかった公園だった。...

2018.06.15

Episodes

森山亜希

EPISODE002

美術家であり美術評論家の黒瀬陽平氏から作品を講評してもらったことで、スランプを脱出するきっかけを...

2018.04.18

Episodes

鈴木ありさ

EPISODE001

アメリカの料理大学CIA“Culinary Institute of America”でケーキデザインを学び、帰国後スペシャルティ...

2017.06.02

Episodes

狩野和馬

EPISODE001

「第三舞台」の作品に感動し、まるで後押しされたかのように打ち込み始めた役者道は、その後サザンシア...

2017.05.12

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ