Episodes

みっちー

EPISODE001

耳に優しく馴染む心地良いメロディーと茶目っ気たっぷりな世界観、着実にファンを増やしているロックバンド「シンガロンパレード」。そのフロントマンとしてボーカル・ギターを担当するのがみっちーだ。「老若男女が楽しめる」をモットーに曲作りをする彼が常に意識しているのが「主張しすぎない」こと。「これ!」といったメッセージをあえて声高らかに掲げる必要はない。なぜなら、彼の歌声にはその曲の「芯」にあるものをナチュラルに伝える、確かな説得力があるからだ。高身長かつハンサムなルックスでステージを華やかに盛り上げるベース・コーラスの晨(あした)と、茶目っ気たっぷりの表情でバンドのマスコット的存在ドラム・コーラスのジョンと共に構成されるこの3ピースバンドは、メンバーそれぞれが「ズッコケ3人組」のような絶妙な凸凹感で各々の持ち味を存分に発揮している。メンバー一人ひとりの個性がしっかりと際立っているのもみっちーの人柄があってこそだろう。ボーカルといえばおのずとバンドの顔となることが多いが、みっちー自身がメンバー同士の関係性を何より大切にし、それぞれの魅力を大いに尊重しているからこそ、全員がこんなにも輝きを放っている。そのことは彼と数時間話せば誰もが理解できる。もはやシンガロンパレードの代名詞とも言える圧倒的なコーラスワークは、3ピースバンドとは思えない温かいハーモニーを紡ぎ出し、一度聴いたらもう耳から離れない!それには理由がある。みっちーはコーラスパートを作曲段階で計算して作っているのだ。一般的にある程度楽曲アレンジができてからコーラスパートアレンジとして付け加えるケースが多いが、それだけ3人の「声」をみっちーは大切にしている。だからこそ3人がステージに立ったとき、個の魅力は何倍にも大きくなり、オーディエンスの心をぐっと掴んで離さないのだ。そう、シンガロンパレードの音楽は、あらゆるジャンルを美味しく噛み砕いたユニークなポップさで満ち溢れている!そんな彼らは、これからも唯一無二の世界観で私たちに万華鏡のような色鮮やかな景色を見せてくれるだろう。

 

みっちー Read More

2019.05.17

RECOMMEND

Episodes

岩佐麻里子

EPISODE002

「やってみなきゃ分からない!」フィジカルコメディアン岩佐麻里子にとってこの言葉は自分を前進させる...

2018.05.25

Episodes

南正彦

EPISODE001

鉛筆や木炭を使って「心象風景」を描く美術作家 南正彦。もともと学生時代は油絵を専攻し人物を描いてい...

2018.06.13

Episodes

保坂俊彦

EPISODE001

「砂像」というサンドアートをご存知だろうか?自然の中で自然の素材(砂)を使って、やり直しのきかな...

2018.01.12

Episodes

小林未郁

EPISODE002

周囲に相談できるメンバーもなく、ソロアーティストゆえの不安を抱えながら高校を卒業して上京するもな...

2018.07.20

Episodes

水野智路

EPISODE003

練り込み陶芸家 水野智路は多趣味である。しかしその域は一般的な「趣味」という領域ではない。ヨーヨー...

2018.08.03

Episodes

小山希美

EPISODE001

劇団「テアトル・エコー」、そして劇団KEYBOARD脚本・演出家 小山希美。一見不器用そうな「女の子」とい...

2017.06.23

Episodes

ミヤザキケンスケ

EPISODE002

人々に「Super Happy」を届けるアーティスト ミヤザキケンスケ。 出身地佐賀から東京に出た際、方言がな...

2019.02.08

Episodes

中村ノブアキ

EPISODE001

「深く刺さる作品づくりをしよう!」モノ作りにおいて作り手は葛藤との戦い。商業的に創り上げていくの...

2017.11.08

Episodes

柴野大造

EPISODE004

日本のジェラート大使として常にトップを走り続けてきた柴野大造。 今、彼にとってのモノづくりは新たな...

2019.03.29

Episodes

石田太志

EPISODE001

プロフットバッグプレイヤー石田太志。絶妙なバランス感覚とスピード感、そして芸術性など様々な要素...

2017.04.28

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ