Episodes

笠井“どん”快樹

EPISODE002

人気バンド「鶴」のドラムを務める笠井“どん”快樹を語るに於いて、とても重要なエピソードがある。それは彼の兄の存在である。ドラムはもちろん、サッカーや気に入っている音楽まで兄の影響である。そんな兄から影響された事柄は、兄よりも深くハマっていき、中でも兄から聴かせてもらったロックバンド「UNICORN」のサウンドやスタイルは笠井に音楽という扉を開けさせてしまったのは間違いではない。この瞬間、笠井にとっての「カッコイイ」ものの基準が決まったのだ。そんな笠井の「カッコイイ」は、音楽という世界の中でまるで何かに取り憑かれたかのように探し求めるようになった。その一旦でもあるのがホームグラウンドでもあるバンド「鶴」とは少し線引きした音楽活動であった。今では作曲も手掛ける笠井“どん”快樹が自由に創作できる場所がある。それが「ドン・タカハシ」だ。ミュージシャン高橋レオとの2ピースユニットで、「鶴」で完成されたカラーとは、また一風違ったコンセプトで自由に打ち出している。笠井にとってこれらの活動は自身のアーティストとして、またドラマーとしてのパワーアップにも繋がっているが、それ以上に「鶴」そのものへのメリットを創造している。「同級生として」「バンドメンバーとして」「ミュージシャンとして」…笠井“どん”快樹の「鶴」での役割はサウンド以外のところでも、とても重要な役割を担っている。バランスだ。同級生バンドをいくつか見たことがある。うまく行っているバンドとそうでないバンドがある。うまく行っているバンドの共通点はバランスを担うメンバーがいること!笠井の同級生としての「パート」もまさにバンドと同じように絶妙な役割を担っており、それら互いの役割の絡み具合が居心地良さを作り出す。オーディエンスたちはそんな一面もしっかり感じながら彼らのサウンドにリズムを打つのだろう。まるで自分たちも彼らと同じ同級生でいられるような…。そんな風に笠井のリズムはみんなを導いてくれているのだろう。

 

笠井”どん”快樹 Read More

2018.08.29

RECOMMEND

Episodes

中川ひろか

EPISODE001

知れば知るほど中川ひろかの人生は素晴らしくドラマチック。「相棒」ともいうべきマウンテンバイクが彼...

2017.04.21

Episodes

石田太志

EPISODE003

掴むためには弱点を潰す!石田太志の「勝利の方程式」は、とても簡単な発想であり、とても難しい行動。...

2017.06.07

Episodes

木ノ内輝

EPISODE002

従来のセオリー(方程式)に捉われず先ず「触れて体感」し、結果を受け止め「次に進む」といったこだわ...

2017.10.11

Episodes

深田崇敬

EPISODE002

今でこそアクアリウム世界大会での優勝や、各国にアドバイザーとして飛び回っているが、実はアクアリウ...

2018.06.22

Episodes

GONZO

EPISODE002

お笑い芸人を養成する「NSC」に通っていたGONZO。その当時は人と話すのが苦手でリハビリのような感覚で...

2018.09.14

Episodes

金巻芳俊

EPISODE002

木彫作家の金巻芳俊が初めて受賞したのは二科展だった。 大学時代の同期がどんどん活躍していく中、「な...

2019.04.19

Episodes

榎木智一

EPISODE003

「とりあえずやってみる…」そう思い、誰もがなにげなく行動に移すことは大いにしてある。しかしそんな「...

2018.08.22

Episodes

秋山実

EPISODE002

6年間の修行で盆栽を学び、内閣総理大臣賞を始め多くの受賞経験のある秋山実は、各国へ「Japanese Bonsa...

2018.01.12

Episodes

謳歌

EPISODE001

何の変哲もないリング。各国の様々なステージで、そんなリングをまるで生き物のように、何とも不思議な...

2018.06.01

Episodes

木全靖陛

EPISODE002

20歳頃からアーティスト活動を始めた木全靖陛。いつの日からか海外での活動を視野に入れていた木全は、...

2018.12.28

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ