Episodes

神田雄一朗

EPISODE002

「俺の人生 = 鶴」と言い切る3Pバンド「鶴」のベーシストである神田雄一朗は、メンバーとの関係性を「家族と生きていく同じ次元(感覚)」と語るが、誰でも職場の同僚との時間の方が家族より多くなってしまうのは物理的に当然。で、あればだ!神田雄一朗とメンバーは人生の中で誰よりも一緒にいる時間が長いわけである。そんな彼らと苦楽を共にしたマネージメントの森田氏は彼らにとって当然家族であり、兄のような、またある時は父親なのかもしれない。森田氏もまた、彼らとの「会っていなかった時間」を埋めるかのように何をするのでも一緒に歩んできた第4のメンバーだ。そんな森田氏について神田は多くのエピソードを想いに乗せて語ってくれたのが印象的であった。そんな神田に自主レーベルを始める前にとても大きな波が訪れた。初めての挫折だ。アルバム制作時のプリプロダクション収録が、まさかの全て録り直しである。しかも自分のパートであるベースだけだ!流石に心が折れかかった神田を引き上げたのは実は神田自身のポジティブな発想だった。「全部吸収してやろう!」この単純な発想である。が、この単純と言える発想をどれだけの人々が「行動」としてシフトできるだろうか?レコーディングを経験してきた人ならわかるが、プリプロダクションを録り直しということは、厳しい言い方で言うならば、自身の打ち出すフレーズそのものを全否定されたといことである。そう、とても辛い宣告なのだ。メジャーレーベルから自主レーベルを打ち出そうと全員のテンションも上がっている矢先だ。大半が「もういいや…」「実は辛かったんだよねぇ…」などいくらでも言い訳を作ってその場から抜け出すことは簡単だった。しかし神田雄一朗という人間は、ピンチをチャンスに変られる男だった。神田雄一朗無くして「鶴」が舞うことは無いわけで、それはどのメンバーにも言える。もちろん第4のメンバー森田氏もそうなのだ。これからも神田は「鶴」のベーシストとして「音」に挑戦し続けるだろう。その挑戦こそが神田であり「鶴」そのものなのだから。

 

神田雄一朗 Read More

2018.11.02

RECOMMEND

Episodes

西脇友美

EPISODE001

甘い声色にどこか切なさを感じるThe nonnonは、一人だけの「バンド」なのだ。1ピースバンドとして「The ...

2018.02.16

Episodes

石田太志

EPISODE004

2018年、フットバッグ世界大会でアジア人初の世界一位に輝き、殿堂入りも果たした石田太志。 世界で唯一...

2019.01.25

Episodes

福井利佐

EPISODE001

音楽、ファッション、映画、舞台そして伝統芸能など様々なジャンルで「切り絵」を表現手法として、日本...

2017.06.12

Episodes

安川有果

EPISODE001

誰もが芸術には触れたがるが、具体的な作品として「具現化」させられる人は一握りである。「映画」とい...

2017.11.17

Episodes

水野智路

EPISODE003

練り込み陶芸家 水野智路は多趣味である。しかしその域は一般的な「趣味」という領域ではない。ヨーヨー...

2018.08.03

Episodes

榎木智一

EPISODE003

「とりあえずやってみる…」そう思い、誰もがなにげなく行動に移すことは大いにしてある。しかしそんな「...

2018.08.22

Episodes

SHOGEN

EPISODE003

ついにULTRA TEENS FES「超十代」にパフォーマンス参加することになったSHOGEN!アフリカでの修行から帰...

2017.04.14

Episodes

小林未郁

EPISODE004

小林未郁が歌手として初めて世界に進出した。 これだけを聞けば周囲が全て段取りつけて、「流れ」のよう...

2019.07.05

Episodes

下川正將

EPISODE002

インドの国技カバディ。この本場インドにてプロリーグが立ち上がり、日本人選手が招聘された。男子日本...

2018.02.09

Episodes

秋野温

EPISODE002

「みんなが楽しくなきゃ意味がない!」そう言いながらバンド「鶴」の楽曲制作を担当するのはギターボー...

2018.08.24

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ