Episodes

神田雄一朗

EPISODE002

「俺の人生 = 鶴」と言い切る3Pバンド「鶴」のベーシストである神田雄一朗は、メンバーとの関係性を「家族と生きていく同じ次元(感覚)」と語るが、誰でも職場の同僚との時間の方が家族より多くなってしまうのは物理的に当然。で、あればだ!神田雄一朗とメンバーは人生の中で誰よりも一緒にいる時間が長いわけである。そんな彼らと苦楽を共にしたマネージメントの森田氏は彼らにとって当然家族であり、兄のような、またある時は父親なのかもしれない。森田氏もまた、彼らとの「会っていなかった時間」を埋めるかのように何をするのでも一緒に歩んできた第4のメンバーだ。そんな森田氏について神田は多くのエピソードを想いに乗せて語ってくれたのが印象的であった。そんな神田に自主レーベルを始める前にとても大きな波が訪れた。初めての挫折だ。アルバム制作時のプリプロダクション収録が、まさかの全て録り直しである。しかも自分のパートであるベースだけだ!流石に心が折れかかった神田を引き上げたのは実は神田自身のポジティブな発想だった。「全部吸収してやろう!」この単純な発想である。が、この単純と言える発想をどれだけの人々が「行動」としてシフトできるだろうか?レコーディングを経験してきた人ならわかるが、プリプロダクションを録り直しということは、厳しい言い方で言うならば、自身の打ち出すフレーズそのものを全否定されたといことである。そう、とても辛い宣告なのだ。メジャーレーベルから自主レーベルを打ち出そうと全員のテンションも上がっている矢先だ。大半が「もういいや…」「実は辛かったんだよねぇ…」などいくらでも言い訳を作ってその場から抜け出すことは簡単だった。しかし神田雄一朗という人間は、ピンチをチャンスに変られる男だった。神田雄一朗無くして「鶴」が舞うことは無いわけで、それはどのメンバーにも言える。もちろん第4のメンバー森田氏もそうなのだ。これからも神田は「鶴」のベーシストとして「音」に挑戦し続けるだろう。その挑戦こそが神田であり「鶴」そのものなのだから。

 

神田雄一朗 Read More

2018.11.02

RECOMMEND

Episodes

森田和人

EPISODE002

「バンド活動」から「バンドの為」の活動になり、結果的にロックバンド「鶴」や、彼らと同じように3ピー...

2018.11.23

Episodes

RICKY

EPISODE001

日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞したEXILE「時の描片~トキノカケラ~」でサウンドコンポーザーとし...

2017.09.13

Episodes

MATZ

EPISODE001

兄のiPodの中にあったエレクトロニックミュージック。それは、彼の世界に新たな色をもたらした。「自分...

2017.10.27

Episodes

コシミズカヨ

EPISODE001

彼女は言う「カッコイイは嘘をつかない」。コシミズカヨにとって正直に表現をする姿は何よりもカッコよ...

2018.02.14

Episodes

HARUKA

EPISODE001

独特の世界観を広げ続けるArtist HARUKA。その世界観はどのように生まれて行ったのか。Artに表出する彼...

2016.08.23

Episodes

三遊亭歌太郎

EPISODE001

アニメ「昭和元禄落語心中」や漫画「じょしらく」の影響で落語が注目されているように感じる昨今、「落...

2018.07.27

Episodes

池田俊彦

EPISODE002

「人間より上位のモノとして不死を獲得した者たち」を描く銅版画家 池田俊彦。自ら創り出した「彼ら」は...

2018.05.30

Episodes

鈴木ありさ

EPISODE001

アメリカの料理大学CIA“Culinary Institute of America”でケーキデザインを学び、帰国後スペシャルティ...

2017.06.02

Episodes

秋貞美際

EPISODE001

大手IT企業「サイバーエージェント」で秘書として働いていた秋貞美際。仕事柄お花の手配をしていく中で...

2018.06.06

Episodes

深田晃司

EPISODE001

国内外問わず様々な国際映画祭での受賞作品を打ち出す映画監督「深田晃司」 2008年にフランスで開催され...

2017.10.06

NEXTYLE -ネクスタイル-

自分創造メディア 「NEXTYLE」
NEXTYLEは時代を創造するグローバルクリエイターたちの「スタイル」を共有する空間。
NEXTYLE は、日々自分と向き合い、全力で夢の実現に向かって歩む
アーティストやクリエイターの満ち溢れる情熱にフォーカスを当て、
彼らの「今」、そしてこれからの「ビジョン」を映像コンテンツとして映し、ユーザーの皆さんに届けます。

ページ上部へ